ナカグマタイムズ

Friday, May 26, 2017 in Japan. Nakaguma's Personal Website.

飼い猫に足を噛まれる

先日、ユタンポさんのお母様から、

「ミーに足を噛まれたんよ!」

という、ちょっとヒステリックな電話がかかってきました。
ミーというのは、ユタンポさんの実家で飼われている、小柄でおとなしいメス猫です。

さかりの時期で、玄関先にオス猫がやってきていたところ、お母様が間に入り、そのオス猫を追っ払おうとしたのだが、それに逆上したミーに足をガブリとやられたそう。
しかも、かなりの本気噛みで、流血もひどかったらしい。

私も飼い犬に手を噛まれたことがあるけど(あの時は泣きました)、世の中には飼い猫に足を噛まれる人もいるのだ‥‥。
私もサスケにガブリとやられないよう気を付けよう。

2 Comments

  1. 福子 says:

    ね、ねこ……
    え〜と……グラフィックデザイナーのなかぐまさんですよね。

    『先日、ゆたんぽさんのお母様から、
    「すっごく、でかいねずみがでたんよ!」
    という、ちょっとドメスティカルな電話がかかってきました。
    ネーというのは、四国地方でねずみのことをいい、ゆたんぽさんちの町内ではすっごくでかいネー(略して、すごくネー)が出現すると数日前から噂があります。

    祭りの時期で、玄関先にお供えのおむすびを置いていたところ、でかいネーがやってきて食べていたそうで、それをゆたんぽさんのお母さんが追っ払おうとしたのだが、でかいネーはおむすびに夢中でまったく気づかず、ゆたんぽのお母様に蹴り上げられることとなったそうです。しかし、かなりの食い気で、玄関まわりにまでお米が散乱していたらしい。

    私も、玄関で靴を履こうとしたら、靴の中にねずみが入っていたことがありますが最近のネーは玄関から礼儀正しく入ってくるのですね。
    私も玄関から、礼儀正しく入っていくよう気をつけよう。』

    というような話でも、合いそうな挿絵ですな。キヒヒ。
    しかし、ゆたんぽさんお母様、お大事にしてくださいね。

  2. なんなんだ、こりゃ!
    おもしろいじゃないか‥‥!(笑)

    こんなこと、よく考えつくね〜。
    感心だ、さすが!
    (略して、すごくネー)のところ、
    何だかよくわからないけど、すごく笑いました。(笑)

    「この絵にストーリーを付けてみてください」
    というエントリーを今度描こうかしら?

    それにしても、私の絵ひどいよね‥‥。
    (一応これでも下書きしたんだけど。笑)
    猫ってむずかしくないですか?
    犬は耳を垂れさせて描けば、それなりに似るけど。

    ユタンポさんにも「ねずみにしか見えない」
    って言われたところでしたよ、ハハハ‥‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です